保険の相談窓口を利用するまでの流れをステップごとに詳しく解説!

公開日:2023/02/15  最終更新日:2023/02/24


結婚した時、子どもが産まれた時など人生において保険に加入するタイミングが必ず訪れます。本記事では、保険加入を検討する際に便利な保険の相談窓口を解説します。事前に準備しておくと円滑に相談でき、ステップごとの流れを知っておくと便利でしょう。保険の相談窓口を検討している方の参考になれば幸いです。

保険の相談窓口を利用するまでの流れ

保険の相談窓口を利用する場合、事前に準備するものを把握しておくと円滑に相談を受けられるでしょう。しっかり準備することで、聞きたいことをしっかりと聞けます。保険の相談窓口を利用される方は、利用する際の流れをぜひ参考にしてみてください。

契約している保険があれば保険証書を持参する

保険の窓口を利用される方は、新規で保険に加入する人か保険の見直しを検討している方のいずれかです。新規で保険の相談窓口を利用する場合は、あらかじめ聞きたいことをメモしておくとよいでしょう。また、保険の見直しで利用される方は保険料や条件の見直しが前提になります。見直しを行う場合は、保険証書を持参すると保険の相談が円滑に行われるでしょう。

新規で保険の相談窓口を利用する場合

新規で保険の加入を検討しているのであれば、事前にインターネットで気になるプランをリストアップしておくとよいでしょう。また、予算や検討している保険会社を何社かリストアップしておくと話がスムーズに行われます。ただ、保険のことはまったく分からないという方は、相談してから検討するのも問題ありません。

資産状況が分かれば必要書類を持参する

保険を掛けるということは、年収や貯蓄の範囲内で保険料を決めていくことがベースとなります。もし、可能であれば貯蓄の状況や投資しているのであれば投資の状況を把握しておきましょう。資産状況が分かる書類があれば円滑に話が進みます。

保険の相談窓口を利用する前に準備しておくべき持ち物

保険と一言でいっても、種類もさまざまです。保険を大まかに分けると、生命保険、老後資金、火災保険、自動車保険に分けられます。ただ、すべての種類の保険に対して必ず保険証書が必要になります。

また、保険によって事前に準備するべき持ち物も変わってきます。保険の相談窓口を利用する際に準備しておくべき持ち物を解説します。保険の相談窓口を利用しようか検討している方は、ぜひ参考にしてください。

生命保険

生命保険は、加入者の医療機関の受診などにより保険金が支払われる保険です。加入者の健康状態によって保険金の金額が大きく変わります。もし、診断された病名や服薬する薬があれば領収書や明細書を取っておくことがおすすめです。医療機関に関わった履歴は話せるようにしておきましょう。事前に準備するべき持ち物は保険証書、ネット保険であればMyページの画面です。

老後資金

年金定期便を用意してください。

火災保険

火災保険は、建物や倉庫などの物件にかけられる保険です。加入者の健康状態は関係なく、建物に対する明細が必要になります。建物の建築構造や、建築年数が分かる設計図などのコピーがあるとスムーズです。事前に準備するべき持ち物は、建築確認済証、登記簿謄本、性能評価書です。

自動車保険

自動車保険は、免許を取って間もない人や高齢者のドライバーであれば保険料が高くなります。また、車種によっても事故を起こす確率が高くなるため、保険料が変わります。車の車種や年式が分かるものや、免許証があれば保険相談を進められます。事前に準備するべき持ち物は保険証書、車検証、免許証です。

保険の相談窓口を利用する際の持ち物以外に必要な準備

保険の相談窓口を利用する際に、持ち物以外に明確な目的をはっきりさせておきましょう。なんとなく、相談窓口を利用しても窓口を利用する意味がなくなってしまいます。ライフプランに合わせて、事前に保険相談内容をはっきりさせておくとよいでしょう。保険の相談窓口を利用される方はぜひ、参考にしてみてください。

保険相談の目的をはっきりしておく

保険の相談窓口を利用する際には、まず保険加入なのか見直しなのかをはっきりさせておきましょう。目的がはっきりしたら、どのような保険に加入したいのかも決めるとよいです。見直しする場合は、予算や検討したい保険プランの候補を挙げておきましょう。もし、何を相談したらよいのか分からない場合は、悩んでいることをはっきりと伝えて保険相談するのもよいでしょう。

保障額と保険料の予算・理想のライフプランを準備

毎月、いくらくらいの保険料を掛けられるかはっきりさせておきましょう。また、いざという時にいくらくらいの保証額が必要なのかもある程度決めておくとスムーズです。もし、家庭を持っている方であればライフプラン作りから始めるのもひとつの手段です。プランナーによっては、ライフプラン作りから相談に乗ってくれる方もいます。将来の理想を思い浮かぶ限り伝えるのもよいでしょう。理想像を思い浮かべることで、保険商品を絞れます。

興味のある保険のパンフレットや資料

保険相談する際に、気になる保険プランがあればパンフレットを持参しましょう。また、気になる保険商品があればマーカーなどであらかじめマークしておくとスムーズです。保険商品が、自分に合っているのかプランナーが詳しく解説してくれます。

まとめ

本記事では、保険の相談窓口を利用する際の流れや、事前の準備を解説しました。ライフスタイルに合わせて、保険のプランも変わっていきます。何かあった時ではなく、事前に相談することでいざという時に保険は必ず必要になるでしょう。本記事が、保険の相談窓口の利用を検討している方の参考になれば幸いです。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

結婚した時、子どもが産まれた時など人生において保険に加入するタイミングが必ず訪れます。本記事では、保険加入を検討する際に便利な保険の相談窓口を解説します。事前に準備しておくと円滑に相談でき、
続きを読む
最近では、保険を見直すために、保険の相談窓口を利用する人が増えています。保険の相談窓口は、どのような人が利用するべきなのでしょうか。この記事では、保険の相談窓口を利用するのがおすすめな人とお
続きを読む
保険の見直しの広告や保険の相談窓口の店舗を見かけるようになりました。これから生命保険に加入しようと検討している方や、すでに加入している保険のことを気にしている人も多いのではないでしょうか。保
続きを読む