ヘッダー画像

【横浜市】おすすめの保険の相談窓口ランキングTOP3

保険相談サロンFLP
保険相談サロンFLPの画像
おすすめポイント
4つのリスクから顧客を守る提案とわかりやすい説明ができる
もっと詳しく
ほけんの窓口
ほけんの窓口の画像
おすすめポイント
ファイナンシャルプランナーが的確な保険を選んでくれる
もっと詳しく
保険見直し本舗
保険見直し本舗の画像
おすすめポイント
顧客の意向にあわせた提案が得意な相談窓口
もっと詳しく

横浜市でおすすめの保険の相談窓口をランキング形式で紹介します!

自分や家族に万が一のことがあったときに備え、そして将来のために保険に加入されている方やこれから加入を検討している方は多いでしょう。また保険は収入状況や家族構成の変化などに伴い必要な保障が変わるため、定期的な見直しが必要なものでもあります。

しかし保険に関しては難しい部分も多く、自分では判断ができないという方も少なくないはずです。そんな方におすすめなのが「保険の相談窓口」です。もしこれから保険の相談窓口を利用するのなら

・保険の相談窓口で相談できる内容とは?
・保険の種類には何があるの?
・どんなタイミングで保険相談をすればいいの?

などの疑問や不安については解消しておかないと、最適な保険を見つけるのは難しいかもしれません。そこで当サイトでは、保険や保険の相談窓口についてご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

またWEBアンケートをもとにおすすめの保険の相談窓口をランキング形式でご紹介しています。さらに「保険相談のメリット」「保険相談窓口の注意点」などについても解説していきます。

このような基本的な情報を知っておくことで、いざ保険相談や見直しをする際も不安を感じにくいはずです。ぜひ当サイトの情報を参考に、保険の相談窓口を上手に活用してください!

【横浜市】おすすめの保険の相談窓口ランキング一覧!

保険相談サロンFLPの画像1
4つのリスクから顧客を守る提案とわかりやすい説明ができる

保険相談サロンFLPは、関東や関西を中心に展開する保険の相談窓口です。取り扱う保険会社は30社以上。生命保険、損害保険のほか、確定拠出年金(iDeCo・401k)や相続についても相談することができます。

「生老病死」という4つのリスクをもとにした分かりやすい提案が特徴です。店舗は駅ビルや商業施設内にあるため立ち寄りやすく、すべて直営店のため安心して利用することができます。

保険相談サロンFLPの強み

すべて直営店のため安心!人生の4つのリスクをもとに分かりやすい提案をしてくれる

保険相談サロンFLPの口コミ・評判を集めました

Yoko Saito
自分に合った保険が見つかる
自分の加入している保険の見直し、確認をプロの方に見て頂こうとふらっと立ち寄りました。わかりやすく丁寧に、理解できるまで何度もご説明頂きました。 自分にあった保険に切り替えることができたと思っております。決して売り込みはなく、なんでも相談に乗って下さいました。実はよくわかっていなかった保険を学ぶ良い機会となりました。ありがとうございました!

引用元:https://www.google.com/

K K
丁寧に教えてくれる
先日はありがとうございました。保険については何も知らなかったのですが、色々とお話をして頂いて丁寧に教えてくれました。将来の不安をそのままにせず保険で備えることで気が軽くなりました。ありがとうございました。

引用元:https://www.google.com/

保険相談サロンFLPの基本情報

特徴
駅ビルや商業施設内にあるから便利。
すべて直営店なので安心。
おすすめポイント「生老病死」という4つのリスクをもとにした分かりやすい提案。
相談方法
店舗、訪問、オンライン
取扱商品
生命保険、損害保険、確定拠出年金(iDeCo・401k)
予約方法電話、WEB
店舗情報
【横浜駅東口店】神奈川県横浜市西区高島2-18-1 横浜新都市ビル(そごう横浜店) 9F
※ほか、横浜市内に6店舗

保険相談サロンFLPの所在地

ほけんの窓口の画像1
ファイナンシャルプランナーが的確な保険を選んでくれる

ほけんの窓口は、生命保険や損害保険のほか、国民年金基金にも対応している保険の相談窓口です。独自の「ライフ・デザイン・システム」を用いることで、顧客のライフプランに合わせた保障額のシミュレーションや、希望に沿った保険を客観的に絞り込み、そのうえで最適な提案をしてくれるのが特徴。

オリジナルファイルに保険証券をおまとめしてくれるサービスを提供しており、保険加入後のサポートも万全です。

ほけんの窓口の強み

アフターサポートも万全!独自のシステムで客観的な保険選びができる保険の相談窓口

ほけんの窓口の口コミ・評判を集めました

るい
親身になって対応してくれる
持病の関係で巷で紹介されている簡単な保険の契約ができず、右も左も分からない状態で来店しましたが、目的の保険内容だけでなく保険の種類について等非常に細かく分かりやすくご説明頂き、親身に対応して下さいました。また別の保険や積立を検討する際は再度お伺いしたいと思います。

引用元:https://www.google.com/

ああ
スタッフが業界に詳しく安心
保険を見比べてから加入したいという思いが強くなり、訪問しました。予約をしていなかったので後日日時を決め、じっくりお話を聞かせていただき、納得するまで教えて貰えました。 悩みを聞いた上で必要なものを複数提案して頂けたので大満足です。今度、貯蓄型の保険商品のことも話を聞きにいこうかと考えています。 担当の方が業界に精通している方なので安心できました。職場に来ている営業の人の話に乗らなくて良かったです(笑)

引用元:https://www.google.com/

ほけんの窓口の基本情報

特徴
保険証券や書類をオリジナルのファイルに入れてくれる「おまとめサービス」。
おすすめポイント
「ライフ・デザイン・システム」でシミュレーション&客観的な保険選びが可能。
相談方法
店舗、オンライン、電話
取扱商品
生命保険、損害保険、国民年金基金
予約方法
電話、WEB
店舗情報
【横浜店】神奈川県横浜市西区北幸1-4-1 横浜天理ビル16F
※ほか、横浜市内に30店舗

ほけんの窓口の所在地

保険見直し本舗の画像1
顧客の意向にあわせた提案が得意な相談窓口

保険見直し本舗は、一人ひとりのニーズや状況に合わせ、個別に保険商品を組み合わせる「オーダーメイドの提案」が特徴の保険の相談窓口です。無理な勧誘行為は禁止しており、提案されたものも不要とお断りすれば、その情報は一元管理のもと記録されるので、何度も連絡が来ることはありません。

1世帯に1人のアドバイザーが付く1担当者制のため、複数回の相談も安心して行うことができます。

保険見直し本舗の強み

無理な勧誘行為はなし!1担当者制のため継続した相談にもおすすめの保険の相談窓口

保険見直し本舗の口コミ・評判を集めました

飯塚有紀
説明がわかりやすい
初めて利用しましたが、イメージしていたような勧誘的なものは全くなく、こちらのペースに合わせて丁寧に説明しくださり、すごく分かりやすかったです。

引用元:https://www.google.com/

タバたん
自分に合った保険に加入できた
丁寧に相談に乗ってくださり、ちょうど良い保険に加入することができました!

引用元:https://www.google.com/

保険見直し本舗の基本情報

特徴
一人ひとりの状況に合わせて個別に保険商品を組み合わせる「オーダーメイドの提案」。
おすすめポイント
情報は一元管理のもと記録されるので、一度断れば何度も連絡が来るようなことはない。
相談方法
店舗、訪問、オンライン、電話
取扱商品
生命保険、損害保険、少額短期保険、ペット保険、自転車保険
予約方法
電話、WEB
店舗情報
【ノースポート・モール店】神奈川県横浜市都筑区中川中央1-25-1 ノースポート・モール4F
※ほか、横浜市内に12店舗

保険見直し本舗の所在地

保険市場の画像1
コンサルタントを指名して相談できる

保険市場は、専業の保険代理店で唯一の東証プライム市場上場企業が運営する保険の相談窓口です。年間相談件数は6万件以上、保有契約件数は64万件以上を誇っています。相談方法は店舗、訪問、オンラインから選ぶことが可能。

オンライン相談では、プロフィールや口コミをもとに、全国250名以上のコンサルタントの中から自由に選べる指名予約ができるのが特徴です。

保険市場の強み

コンサルタントの指名も可能!東証プライム市場上場企業が運営する保険の相談窓口

保険市場の口コミ・評判を集めました

猪口弥生
親切でわかりやすい説明
みなとみらいが一望できるランドマークタワーにあり景色を見ながら相談できます。緊張しましたが担当の方がとても親切で、分かりやすく説明等をしてくださりました。

引用元:https://www.google.com/

30代 男性
意向を汲んだ提案
いつも見直しの際にお世話になってますが、私の現状の状態と意向を汲んで提案していただけるので、とても満足しています。

引用元:https://www.hokende.com/

保険市場の基本情報

特徴
専業の保険代理店で唯一の東証プライム市場上場企業が運営。
おすすめポイント
オンライン相談では、全国250名以上のコンサルタントから好きなコンサルタントを指名できる。
相談方法
店舗、訪問、オンライン、電話、LINE
取扱商品
生命保険、損害保険
予約方法
電話、WEB
店舗情報
【横浜コンサルティングプラザ】神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 横浜ランドマークタワー26階

保険市場の所在地

保険クリニックの画像1
専門知識をもったコンサルタントが的確な保険を提案する

保険クリニックは「オリコン顧客満足度調査」で来店型保険ショップ総合1位にも選ばれている保険の相談窓口です(2021年)。社内マスター制度を設け、コンサルタント全員がマスター資格取得に取り組んでいます。

一方で、複数の保険を比較・分析できる独自のシステムを構築しており、コンサルタントの主観に頼らない提案を実現していることも特徴です。

保険クリニックの強み

商品の比較・分析や保障と保険料の変化をシミュレーションできる独自システムに強み

保険クリニックの口コミ・評判を集めました

Masaru Fukushima
スタッフの対応や説明が丁寧
事前に補償内容の希望を聞いてもらえていたので、準備してもらったプランから選択して15分程で手続きが済みました。担当の女性も対応、説明も丁寧で良かったです。

引用元:https://www.google.com/

Yoshiaki Watanabe
子どものプレイエリアがある
火災保険の更新が迫っており相談しに伺いました。取り扱う保険会社が多く、その中から希望に合うプラン数社をピックアップして頂きました。 分からない項目などもとても丁寧に分かり易く説明して頂いて相談しに来て良かったです。省スペースですが子供のプレイエリアもあって、連れ行った子供も静かに遊んでくれてました。

引用元:https://www.google.com/

保険クリニックの基本情報

特徴
社内マスター制度を設け、コンサルタント全員がマスター資格取得に取り組んでいる。
おすすめポイント
複数の保険を比較・分析し、保障と保険料のシミュレーションができる独自システムを構築。
相談方法
店舗、オンライン、電話、チャット
取扱商品
生命保険、損害保険
予約方法
電話、WEB
店舗情報
【アクロスプラザ店】神奈川県横浜市神奈川区西寺尾1-16-15 アクロスプラザ東神奈川1階
※ほか、横浜市内に4店舗

保険クリニックの所在地


ここからは、保険の種類をはじめ「保険相談の理由やタイミング」「横浜市での保険の相談窓口選びのポイント」などについて詳しく開設していきます。ぜひ参考にしてみてください。

保険の相談窓口とは?

保険の相談窓口とは?の見出し画像
これから保険に加入したい方、または現在加入している保険の見直しをしたい方におすすめしたいのが保険の相談窓口です。ここでは保険の相談窓口を利用したことがない方のために、保険の相談窓口がどのような場所なのか、そして利用するメリットについてもご紹介します。

保険の相談窓口とは

保険の相談窓口とは、保険の新規加入手続きをしたり保険の見直しやアドバイスを受けたりできる保険代理店のことです。窓口ごとに複数の保険会社と提携しており、相談者の状況や家族構成、また将来のライフプランなどを考えながら複数の中から最適な保険を紹介してくれます。

数え切れないほどの保険商品から自分で選ぶのが難しいという方でも、保険の相談窓口を利用すれば安心して保険選びができるでしょう。

保険の相談窓口を利用するメリット

保険の相談窓口を利用するメリットはたくさんありますが、まずは無料でプロのアドバイスを受けられるという点が挙げられます。窓口のスタッフは保険の募集人資格やファイナンシャルプランナーといった資格を持っているプロであり、保険やお金について詳しくどのような相談にも乗ってくれます。

さらに保険の相談窓口は無料で何度でも相談ができるため、保険に詳しくない方でも納得できるまで相談ができ、安心して加入する保険を選ぶことができます。

そして保険の相談窓口はどの保険会社にも属していない中立な立場であるというメリットもあります。もちろん特定の保険会社の商品を勧めてくることもなく、強引に勧誘をすることもないので不安を感じることなく保険選びができるでしょう。

さらにあらゆる保険の中から、どの保険が最適なのかを忖度なくアドバイスしてくれるので本当に加入するべき保険を理解することもできるでしょう。

また契約前の相談から契約後のフォローまで対応してくれるというのもメリットです。保険の申し込み手続きはもちろん、加入後のアフターフォローや保険の見直し相談、また万が一保険金を請求する際の手続きに関しても保険の相談窓口で対応してくれることがほとんどです。

そのため保険について詳しくない方や、加入したもののどのように扱えばいいかわからないという方にとっても、心強いサポート役になってくれます。

このように保険の相談窓口には利用することのメリットがたくさんあるので、保険で悩まれているのならぜひ相談してみてください。

  • 保険の相談窓口は無料でプロに保険の相談ができる場所
  • 保険加入の手続きはもちろんアフターフォローも充実している

保険の相談をする前に知っておきたい!保険の種類

保険の相談をする前に知っておきたい!保険の種類の見出し画像
万が一の際に自分や家族を守ってくれる保険ですが、実はどのような保険の種類があるのかを詳しく知らない方もいるのではないでしょうか。一般的な保険の種類を把握しておくことで、自分にとってどのような保険が必要なのか、どんな保険に加入しておけば家族を守れるのかもわかってきます。ここではそんな生命保険の種類について解説していきます。

生命保険は大きく分けて3種類

生命保険というのはもともと「生命」に関わる保険であり、加入者が死亡した場合にその損失を保証するためのものでした。その後さまざまなニーズに合わせて医療や傷害、学資や介護といったさまざまな保険も誕生し、本来の死亡に対する保障をおこなうのは「死亡保険」だけとなっています。

そんな生命保険は「定期保険」「養老保険」「終身保険」という3種類が基本形となります。

まず定期保険は一定の期間を対象としたもので、契約時に定めた期間中に被保険者が死亡、または高度障害状態となった場合に保険金が支払われます。この期間が終了すると保障はなくなり、また満期保険金や解約返戻金のない「掛け捨て」がほとんどです。ただし保険料が安いため加入しやすいという特徴があります。

終身保険とは、保険の期間が一生涯にわたるもので、保険期間中に被保険者が死亡したときは「死亡保険金」、高度障害状態になったときは「高度障害保険金」が支払われます。また途中で解約した場合は解約返戻金が受け取れ、さらに何歳で亡くなったとしても死亡保険金が支払われます。その分他の保険に比べて保険料が高額になるのも特徴です。

養老保険は「生死混合保険」とも呼ばれるもので、定期保険と同じように保障期間が決まっていますが、期間を終えると満期保険金を受け取ることができます。また保険期間中に被保険者が死亡したときは「死亡保険金」、高度障害状態となった場合は「高度障害保険金」が受け取れます。定期保険に比べると保険料が高額になります。

保険の種類

保険の種類は保険会社によってさまざまですが、ここでは一般的なものをご紹介していきます。まず上記でご紹介した死亡保険は、被保険者がなくなった場合や高度障害状態になった場合にご家族や遺族の負担を軽減するための保険です。

病気やケガなどで医療を受けた場合にその費用を保障するのが「医療保険」です。病気やケガによって入院した際に受け取れる「疾病・災害入院給付金」、手術を受けた場合に受け取れる「手術給付金」などがあります。

がん専用の保険であり、治療が長引くことが多いがんに対しさまざまな保障をしてくれるのが「がん保険」です。がんと診断されて通院や入院、手術を受けた場合などあらゆる場面で経済的な負担をしてくれます。

そして教育費など子どもの将来の資金を蓄えておくための保険が「学資保険」です。基本的には「子どもの将来の教育資金としての備え」ですが、子どもの保護者である契約者がなくなった場合に保障を加えられるものや、医師の審査が不要なものなどもあります。

国民年金や厚生年金などの公的年金だけでは不安という方のために、老後の生活の資金を蓄えておけるのが「個人年金保険」です。契約時に決めた年齢から毎年一定額の年金が受け取れるシステムになっています。

日常生活で何らかのケガを負った際に、通院、入院、手術、死亡、一定の高度障害などに対して保障されるのが「傷害保険」です。損害保険に付帯されている場合も多いようです。

介護が必要になった場合の資金や生活費などの備えを目的とする保険が「介護保険」です。公的介護保険ではまかなえない部分に備えたい方が加入する保険で、契約できる年齢は保険によって異なりますが、基本的に20代から可能です。

病気やケガなどによって働くのが困難になり、収入が減少したり途絶えたりしたときに給付金などを受け取れるのが「就労所得保障保険」です。このように保険は数多くの種類があるため、自分に必要な保障を見極めて加入することが大切です。

  • 生命保険は「定期保険」「養老保険」「終身保険」の3種類
  • がん保険や学資保険など特定の病気や目的に応じた保障が受けられる保険もある

保険の相談をする理由やタイミング

保険の相談をする理由やタイミングの見出し画像
保険は一度加入すれば安心だと放置してしまう方も多いようですが、然るべきタイミングで見直しをすることが大切です。なぜ見直しが必要なのか、そしてそのタイミングがいつなのかをご紹介していきます。

保険の見直しをする理由

保険の見直しというのは、契約している保険の保障内容と現在のライフスタイル・ライフステージが合っているのかを確認し、再検討や契約、解約をおこなうことをいいます。なぜ見直しが必要なのかというと、人生で対応するべきリスクは年齢や状況によって変わってくるからです。

たとえば独身のときと家族ができたときでは必要な保障も変わりますし、独身時代のままの保険に加入し続けても十分な保証を得られない可能性があります。すると決して安くない保険料を無駄に支払っているだけになっていることもあるでしょう。

保険の見直しでは、不足している保障がないか、無駄に支払っている保険料はないかを確認して、今の生活に最適な保険やプランに組み変えることができるのです。

保険を見直すタイミング

保険を見直すタイミングは、上記でご紹介したようにライフスタイルやライフステージの変化があったときが最適だと言われています。具体的にどのようなタイミングがおすすめなのかを確認していきましょう。

就職をしたとき

若いからといって、ケガや病気の心配がないわけではありません。万が一自分の身体に何かあり、通院や入院、手術が必要になった場合などに保険に加入していることで、経済的な不安や負担を抑えることができます。

また同じ保障内容であっても保険料は若いときほど安くなるので、終身保険や終身タイプの医療保険に加入しておけば、安い掛け金で生涯の保障を得られるというメリットもあります。

結婚したとき

結婚はこれまでの生活が大きく変わるタイミングであり、保険を見直すいいきっかけにもなります。万が一のときに配偶者の生活が困らないよう、死亡保険の加入を検討するのがおすすめです。

またお互いに独身時代に加入している保険があれば、その内容を見直し保険金の受取人を配偶者に変更することも忘れないようにしましょう。

子どもが生まれるとき

妊娠する前には「医療保険」への加入を検討するのに最適です。妊娠後に医療保険に加入したいと思っても、もし異常分娩になってしまうと保障が受けられない、または加入できない可能性があるからです。

また子どもが生まれた後は、教育に高額なお金がかかるため「学資保険」などへの加入を検討するタイミングです。さらに世帯主に万が一のことがあった場合に、残された遺族に手厚い保障がある生命保険に切り替える方が多いのもこの時期です。

住宅を購入したとき

住宅を購入するときには住宅ローンを組む方がほとんどですが、その際に「団体信用生命保険」に加入することが原則となっています。この保険には被保険者が死亡または高度障害状態になった場合に、生命保険会社がローンの残高を支払い住宅ローンが返済されるという保障が含まれています。

そのためもし住宅費を蓄える保険に加入している場合は、その保険を解約することで保険料を抑えることができます。

子どもの独立後

子どもが独立して生計が別々になると養育費や教育費が不要になるため、その分自分たちの老後についての不安をなくすために保険を切り替えるのがおすすめです。教育費のために加入していた保険を解約すれば、その分保険料を減らすこともできるのでぜひ見直しましょう。

保険の更新時

保険によっては年齢や契約年数によって契約が更新されることがあり、その際には保険料が上がるのが一般的です。そのため加入済みの保険に不要なものはないか、保険料の負担を減らせないかと検討するのに最適なタイミングでもあります。

気がついたら保険料が上がっていたということがないよう、ぜひ更新時は保険を見直してみましょう。

  • 保険はライフステージやライフスタイルによって見直すことが大切
  • 生活に変化があるときは見直しのタイミングであることを覚えておこう

保険の相談をするなら、どのような窓口に相談したいと思いますか? WEBアンケートで調査!

ここまで、保険の相談窓口や保険の相談をする理由・タイミングについて解説をさせていただきました。実際に多くの方は、保険の相談をする際にどのような窓口に相談したいと思っているのでしょうか?全国のみなさんにWEBのアンケート調査で聞いてみたので、結果の詳細を一緒に見ていきましょう。

もし保険について相談するなら、どのような窓口に相談したいですか?アンケート結果画像

第1位は「分かりやすく説明してくれる」で40%でした。相談窓口を訪れる人のなかには、保険の知識があまりない方や、ライフプランが思い浮かばず不安を感じている方もいらっしゃるでしょう。

そんなときに、基礎から丁寧にわかりやすく説明してもらえれば安心ですよね。保険は人生にかかわる大事なものだからこそ、自分がしっかり理解したうえで慎重に選んでいく必要があります。

第2位は「取り扱い保険会社数が多い」で27%でした。幅広い保険会社の商品を扱っている窓口でなら、自分のライフスタイルにぴったりの保険を見つけることができるでしょう。相談窓口を選ぶ際は、こちらも注目しておきましょう。

同率3位は「保険以外のことも相談できる(相続や住宅ローンなど)」「立ち寄りやすい場所にある」で15%でした。保険以外のことも相談できる窓口であれば、一つの窓口で気になることを一気に解決できて便利でしょう。また、駅ビルやショッピングセンターなどの商業施設内にあれば、お出かけのついでに気軽に訪れることができますよね。アクセスのよさも欠かせないポイントです。

アンケートの結果は以上となります。当サイトでは、無料で何度でも利用できて、わかりやすく丁寧に説明してくれる保険の相談窓口を紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

次の見出しでは、横浜市で保険の相談窓口を選ぶときのポイントについて解説させていただきます。

横浜市で保険の相談窓口を選ぶときのポイント

横浜市で保険の相談窓口を選ぶときのポイントの見出し画像
保険やお金についてのさまざまな相談ができる保険の相談窓口ですが、地域ごとに数多くの保険の相談窓口があるため「どの窓口に相談すればいいかわからない」という方もいるでしょう。そんな方のために、ここでは横浜市で保険の相談窓口を選ぶ際にチェックしたいポイントをご紹介します。

わかりやすい提案をしてくれる

保険は複雑なシステムであることも多く、加入しているけれど詳しくわかっていないという方も少なくありません。そんな方でも納得して保険への加入や見直しができるよう、専門用語や難しい言い回しではなく、素人でも理解できる言葉で丁寧に提案してくれる窓口なら安心です。

また分からないことがあった場合に、すぐに質問に応えてくれるような知識豊富な相談員がいる保険の相談窓口ならより不安なく保険選びができるはずです。

提携社数

保険の相談窓口を通じて加入できる保険は、その窓口と提携している保険会社の商品のみです。より多くの中から最適な保険を選ぶためにも、できるだけたくさんの保険会社を取り扱っている保険の相談窓口を選びましょう。

選択肢が少ないと妥協して保険選びをしなければならない可能性があり、本当に必要な保険を見つけられない可能性があります。

小さなお子様がいても相談しやすい

保険の相談窓口は駅ビルや百貨店、ショッピングモールなどの中に店舗を構えていることが多いです。そのため気軽に立ち寄ることができますが、小さなお子様がいるなどの理由でなかなか気軽に外出ができない方もいるでしょう。

そういった方は、オンライン相談や訪問相談などに対応している保険の相談窓口を選びましょう。またお子様を店舗に連れて行く場合も、キッズスペースがあったり子どもの面倒を見てくれるスタッフがいたりと、安心して相談できる環境を提供している窓口を選びましょう。

相続・住宅ローン・確定拠出年金の相談もできる

保険も含めてお金が関わることについて、できれば1つの場所に相談したいという方は少なくないはずです。だからこそ保険だけではなく、相続や住宅ローン、確定拠出年金などについても併せて相談できる保険の相談窓口がおすすめです。

こういった相談ができるのは、税理士などの専門家がいる保険の相談窓口だけです。ぜひ保険以外の不安も解消してくれるような窓口を見つけてみてください。

  • わかりやすい提案で安心して加入できるような保険の相談窓口を選ぼう
  • 相談方法が豊富な窓口なら、お子様連れでも不安なく相談できる

保険の相談窓口を利用する際に注意すること

保険の相談窓口を利用する際に注意することの見出し画像
ご紹介してきたように保険の相談窓口はさまざまなメリットがあり、保険の加入時や見直し時には心強い味方になってくれます。ただし相談をする前に知っておきたい注意点もいくつか存在します。

保険の相談窓口をより便利に活用するためにも、何に注意すればいいのかを抑えておきましょう。

ある程度の知識を身に着けておく

保険の相談窓口では、保険について一切わからない方にも丁寧な説明をしてくれます。しかし1回に相談できる時間が決まっていることも多いため、よりスムーズに相談するためには保険の種類や内容などをある程度理解しておくことが大切です。

またスタッフの提案が適切なものであるかを判断するためにも、ある程度の知識は必要です。

目的を明確にする

何のために保険に加入したいのか、なぜ見直しが必要だと考えたのかなど、保険の相談窓口を利用する目的を明確にしてから訪れましょう。目的が曖昧なまま相談してしまうと、最適な保険を提案してもらえなかったり相談に時間がかかりすぎてしまったりする可能性があります。

大まかでもいいので、誰が加入して、どのような不安を減らしたいのかなどは考えてから訪れましょう。

書類や情報をまとめておく

保険の見直しで窓口を利用する場合は、現在加入している保険の保険証券を持参しましょう。また収支の情報がわかる家計簿なども揃えておくと、より最適な提案をしてもらいやすくなります。

さらにお子様の塾や習い事にかかる費用や予定などもまとめておくと相談がスムーズになるでしょう。

保険会社を決めていかない

保険について調べることは大切ですが、相談する前に保険会社や保険商品を決めていくことはあまりおすすめしません。保険の相談窓口では数ある保険の中から最適なものを紹介してくれますが、先に決めすぎてから訪れてしまうと選択肢が狭まってしまう可能性があるからです。

気になる保険があれば伝えておく程度にしておくといいでしょう。

複数の保険を比較してから決める

保険の相談窓口では相談者に最適な保険をいくつか提案してくれるのが一般的ですが、初めから1つに絞るのではなく提案してもらったものを含め複数の保険を比較してから決めることが大切です。

似ている保険でも保険会社によって保障対象や保険金などに大きな差があることも珍しくありません。加入してから後悔しないためにも、じっくりと検討した上で加入しましょう。

  • 保険の基礎を身に着けて、目的を明確にしてから相談しよう
  • いくつかの保険を比較検討した上で最適な保険を選ぼう

横浜市で保険相談するなら、相談しやすい環境を整えている保険の相談窓口がおすすめ!

保険は万が一の不安や負担を減らしてくれるものであるため、できるだけ必要な保障を受けられるよう加入後も見直しが必要です。最適な保険を知るためにも、そして自分や家族のためにも保険の相談窓口を活用しましょう。

横浜市内にも数多くの保険の相談窓口がありますが、状況に合わせて相談しやすい環境を整えてくれている窓口を選んでください。そして保険への疑問や不安を解消し安心を手に入れましょう。

【横浜市】保険の相談窓口!おすすめ比較表

保険相談サロンFLP
保険相談サロンFLPの画像
ほけんの窓口
ほけんの窓口の画像
保険見直し本舗
保険見直し本舗の画像
保険市場
保険市場の画像
保険クリニック
保険クリニックの画像
おすすめポイント
4つのリスクから顧客を守る提案とわかりやすい説明ができる
おすすめポイント
ファイナンシャルプランナーが的確な保険を選んでくれる
おすすめポイント
顧客の意向にあわせた提案が得意な相談窓口
おすすめポイント
コンサルタントを指名して相談できる
おすすめポイント
専門知識をもったコンサルタントが的確な保険を提案する
特徴
駅ビルや商業施設内にあるから便利。
すべて直営店なので安心。
特徴
保険証券や書類をオリジナルのファイルに入れてくれる「おまとめサービス」。
特徴
一人ひとりの状況に合わせて個別に保険商品を組み合わせる「オーダーメイドの提案」。
特徴
専業の保険代理店で唯一の東証プライム市場上場企業が運営。
特徴
社内マスター制度を設け、コンサルタント全員がマスター資格取得に取り組んでいる。
相談方法
店舗、訪問、オンライン
相談方法
店舗、オンライン、電話
相談方法
店舗、訪問、オンライン、電話
相談方法
店舗、訪問、オンライン、電話、LINE
相談方法
店舗、オンライン、電話、チャット
取扱商品
生命保険、損害保険、確定拠出年金(iDeCo・401k)
取扱商品
生命保険、損害保険、国民年金基金
取扱商品
生命保険、損害保険、少額短期保険、ペット保険、自転車保険
取扱商品
生命保険、損害保険
取扱商品
生命保険、損害保険
予約方法
電話、WEB
予約方法
電話、WEB
予約方法
電話、WEB
予約方法
電話、WEB
予約方法
電話、WEB
店舗情報
【横浜駅東口店】横浜市西区高島2-18-1 横浜新都市ビル(そごう横浜店) 9F
※ほか、横浜市内に6店舗
店舗情報
【横浜店】横浜市西区北幸1-4-1 横浜天理ビル16F
※ほか、横浜市内に30店舗
店舗情報
【ノースポート・モール店】横浜市都筑区中川中央1-25-1 ノースポート・モール4F
※ほか、横浜市内に12店舗
店舗情報
【横浜コンサルティングプラザ】横浜市西区みなとみらい2-2-1 横浜ランドマークタワー26階
店舗情報
【ノースポート・モール店】横浜市都筑区中川中央1-25-1 ノースポート・モール4F
※ほか、横浜市内に12店舗
もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく

記事一覧

投稿日 2022.09.27
「保険料」と「保険金」の違いとは?と聞かれるとすぐに答えが出てこない方や、言い方が違うだけで同じものだと思っている方もいることでしょう。しかし実際はまったく別のもの。保険に関する専門用語は普
続きを読む
検索
【その他】横浜市の保険の相談窓口一覧

【NEW】新着情報

「保険料」と「保険金」の違いとは?と聞かれるとすぐに答えが出てこない方や、言い方が違うだけで同じものだと思っている方もいることでしょう。しかし実際はまったく別のもの。保険に関する専門用語は普
続きを読む